読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユングの神経症体験

ユングの神経症体験 ユングは十二歳のころ、学校で数学、図画、体操の授業に挫折する日々を送っていた。そしてその年の初夏のある日、友人を待っていたところ、ある別の少年から突然突き飛ばされ、足を滑らし頭を打ってしまう。 その瞬間、ユングの脳裏には…