読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デカルト批判

私は彼が、「我思う、故に我あり」との結論を出した、その瞬間の時点において、西洋哲学の悲劇的出発点を見るのである。 虚偽のものを疑い抜いてみても、こう疑っている私の疑いを疑い捨てるわけにはゆかない。疑っている何者かは真実の存在と言わねばならな…

「わからなさ」がわかること

人が何かを知ろうとする前に、 人が何かを求めようとする前に、 人が何かを為そうとする前に、神がなぜ人間をみすてたかを知れ。 人類は破局の真因を知らず、 人間復活の道を求めず、 人は為すべきことを知らずして、 ただ為すこと多きを誇る。 福岡正信 『…