読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を概念化できない

人は自分という人間を一番よく理解していると思っている。しかし、本当にそうだろうか?例えて言うならば、自分は自分の顔を鏡に映さない限り、どんな顔か全くわからない。また、内面の世界も同様で、私がイメージしている私というものは私が認識できる範囲の上での私でしかない。目が目を見ることができないように私を私自身が完全に知るということは無理である。客観的に私が見られてこそ、私を多少なりとも規定することができる。

 それなのに自分を概念化し、何かと同一化して規定していくことはどんどんどん本質からずれていかざるをえない。特にマイナス的なイメージを概念化していくことほど愚かなことはあるだろうか。私の価値は私が自分を概念化しなくなった時に本当の意味で見えてくるのだ。