読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久遠の今

思考の性質は過去、もしくは未来に向けられている。

過去はすでに過ぎ去った時間で在り、もうすでに取り返すことができない。

そして未来もまだやって来てもいない。人間は日々、まだ起きてもいない過去や未来に

縛られ、苦悩しながら生きている。

 しかし、「今、この瞬間」に集中して生きると自然に思考はストップし、目の前の事実の世界、あるがままの世界に入っていくことができる。そして自然と心の重みが取れていく。言い換えれば、人間が心に苦痛を感じる度合いとは「今、この瞬間」から離れるに比例していると言えるのだ。

 


「久遠の今」 ―― 谷口雅春先生ご講話